PACATHON

パックマンと共に挑む、
未来のアソビとその可能性を探る
オープンイノベーション
プロジェクト。

エントリーは締め切りました。
多数のご応募ありがとうございました。

ABOUT PACATHON

PACATHON(パッカソン)とは、バンダイナムコホールディングスが
アルス・エレクトロニカ・フューチャーラボ、および博報堂との
コラボレーションのもと、アートシンキングを通してパックマンと
その未来の可能性を切り拓くことを目的としたオープンイノベーション
プロジェクトです。

2017年、アートシンキングを活用しながら未来のアソビの可能性
を探り、プロトタイプの作成と展示を通じてその可能性の検証を
行ってきたPACATHON。
2018年はこれらの検証で発見した新たな可能性をベースに、
ビジネス開発に進むステージの開始です!

※アートシンキングとは…問いを投げかけ、固定観念を揺さぶり、可能性を拡げる思考を指します。

KICK OFF SESSION 写真KICK OFF SESSION 写真
01. KICK OFF SESSION01. KICK OFF SESSION
Turning Up to  Innovational Mind

年齢・年次・ポジションを超越した、バンダイナムコグループ
縦断チームでプロジェクトをキックオフ。“アソビ”を仕事にしようと
思った想いに原点回帰。そして改めてパックマンとは何者なのか?
という問いを通して、未来におけるパックマンの可能性を議論。

ART-THINKING SESSION 写真ART-THINKING SESSION 写真
02. ART-THINKING SESSION02. ART-THINKING SESSION
Inspiration Shower and Idea Development

アーティストトークやアートカードセッションによる
インスピレーションシャワーを経て、パックマンの可能性を
社会へ問うクリエイティブクエスチョンを策定。
そして、その検証となるプロトタイプを制作。

QUESTIONING THE FUTURE OF PAC-MAN 写真QUESTIONING THE FUTURE OF PAC-MAN 写真
03. QUESTIONING THE FUTURE OF PAC-MAN03. QUESTIONING THE FUTURE OF PAC-MAN
Exhibition in Ars  electronica Festival 2017

世界各国からアーティストやイノベーター、学生やリサーチャー
など老若男女幅広い人々が訪れるアルス・エレクトロニカ・フェス
ティバル。その会場にてプロトタイプを展示。作品を通じてパック
マンの可能性を来場者に問いかけ、検証。

フェスティバルでの学びをもとに、
次のステップへ

OPEN CALL

PAC the future with business frontier

新事業共創パートナー募集!

パックマンという誰もが知る親しみやすいアイコンを、これまでのゲームやキャラクターという概念を超えた、
未来の人類にとって重要なアソビとして捉えなおし、社会全体に価値として浸透する新たな事業を生みだす
チャレンジを行うPACATHON 2018。この壮大なチャレンジに挑むために、バンダイナムコグループは様々なアイデア、
リソース、バイタリティを持つ企業、団体、個人の方を新事業共創パートナーとして募集いたします。
共創パートナーのみなさまとバンダイナムコグループで、互いの持つ思想、経験、ノウハウを共有して刺激しあいながら、
パックマンを題材にまだ見ぬ新たな事業領域を創りましょう!

実施プロセス

PACATHON 2018は、バンダイナムコグループや博報堂、またそれ以外からの経験豊富なファシリテーターやメンターを迎えながら約5ヵ月の事業開発プログラムを実施し、最後のビジネスオーディションで事業化のための判断を行うオープンイノベーションプログラムです。参加企業や個人の皆さまにはバンダイナムコグループのメンバーと共に以下の各プロセスの実践的活動にご参画いただきます。

  • プロジェクト
    キックオフ

    キックオフとしてアイディエーションワークショップを実施。
    チームビルディングを行い、各プロジェクトで問う未来のパックマンの可能性のアイデアを拡散します。

  • アイデア
    ブラッシュアップ

    アイデアを収束させ、ビジネスとして成立する形を目指しながらブラッシュアップ
    し、同時にMVP (Minimum Viable Product) に落とし込む準備をワークショップで実施します。

  • プロトタイプ&
    ビジネスモデルづくり

    プロトタイピングに取り掛かる。並行してビジネスモデルとしてもブラッシュアップするために市場環境の整理やユーザーニーズの検証などを行ってプレゼンに備える。

  • ビジネス
    オーディション

    実際に事業育成の投資を行うかジャッジするビジネスオーディションを実施。
    プロトタイプとビジネスプランをプレゼンテーションし、事業化の判断を行います。

事業化へ

募集テーマ

以下の各共創プログラムへの
参画パートナーを募集します。

共創プログラムAPAC-CONNECT

「パックマンは人の出会いを創出できるのか?」を問いに新しい体験とビジネスを生むことを目的とするプロジェクト。
2017年は、これまでのパックマンゲームとは異なる、ゴーストを避けながら別のプレイヤーと出会うことを目的とした
6人が同時にプレイ可能なテーブル型筐体のパックマンのプロトタイプを展示しました。
本プロジェクトではパックマンを題材に、アソビが生みだす新しい出会いの在り方を探ります。

共創プログラムBEduCreation Lab

「パックマンは未来の教育ツールになれるのか?」を問いに新しい体験とビジネスを生むことを目的とするプロジェクト。
2017年は、仲間との協力や問題解決への集中力だけでなく、空間認知力を始めとしたクリエイティブ思考を刺激する
実践的なライフスキルの習得を目的とした子ども向けパズルトイのプロトタイプを展示しました。
本プロジェクトではパックマンを題材に、子どもに限らず世の中の様々な人々にとっての
これからの生きるチカラとクリエイティビティ教育の在り方、次世代の学びについて探ります。

募集要項

以下を必ずお読みになってからご応募ください。

  • 求める企業や団体、個人の方のイメージ

    • 未来のアソビを創り、それを社会的な価値として事業化することに強い興味や情熱を持っている組織や個人の方。
    • 革新的な事業を共創する本プログラムの趣旨に賛同し、「A. PAC-CONNECT」「B. EduCreation Lab」の掲げる
      テーマとの親和性をお持ちの組織や個人の方。
    • これまでの常識や、所属組織の事業やその創り方を見直し、新たな産業の定義や事業ポートフォリオの変革を
      行いたい組織や個人の方。
    • 新しいことにチャレンジする能力、チームワーク、リソース調達力などをお持ちの組織や個人の方。
    • 本プログラムの全プロセスに前向きに、途絶えることなく参画いただける組織や個人の方。
  • 参加定員

    A、Bの各プロジェクトに対して最大5名程度を予定しています。

    ※法人もしくは個人のチームで参画する場合、1チームあたりの最大参加人数は3名までです。

  • 参加費

    • プログラムへの参加費はかかりません。ただし、プログラム参加のための宿泊費、手当、食費等は支給をいたし
      ません。
  • 応募条件

    • 年齢20歳以上(個人の場合)
    • 日本語でのコミュニケーションやワークショップへの参加が可能な方
    • プログラム全日程への参加が可能な方 (開催場所は基本的に東京都内を考えています)
    • PCを利用してインターネットにアクセスでき、有効な電子メールを保有する方
    • 別途指定する競合会社に勤めていないこと

    ※その他の条件は応募規約にてご確認ください

  • 応募スケジュール

    • 応募受付期間:2018年7月23日(月)23:59まで
    • 最終結果のご連絡:2018年8月下旬予定
  • 審査と結果のご連絡

    応募書類に基づき、書類審査を実施します。書類審査の結果はご登録いただいたメールアドレス、お電話番号宛てにご連
    絡いたします。書類審査後は必要に応じて面談等を実施させていただく可能性があります。

  • 応募について

    本プログラムの応募にあたっては、応募規約(法人用、個人用)にご同意のうえ、応募フォームからお申込みいただきま
    す。その際、応募締切までの応募内容の確認と変更、通過後のプログラムにて活用するためのメールアドレスをご登録いただきます。

  • 応募フォームへのご記入内容

    【基本情報】
    ■ 代表者、メンバーの情報
    (氏名、年齢、所属企業 / 団体名、部署名、お電話番号、E-mailアドレス)
    ■ 所属企業 / 団体の情報
    (企業WebサイトのURL)
    【応募にあたっての情報】
    ■ 応募テーマ (A. PAC-CONNECT、B. EduCreation Labより選択)
    ■ 上記テーマを選んだ理由
    ■ 応募動機 (300文字以上)
    ■ プロジェクトメンバーに選出された場合に提供できるスキル、リソース
    ■ 過去の活動実績や作品
    ・ポートフォリオサイトや記事などがあれば概要とURLをご記入ください。
    ・写真や文章などファイルでの提出をされる場合にはPDFファイルをアップロードしてください。(5ページ/5MBまで)
    ■ その他、自己PR等
  • 権利の帰属について

    応募規約をご確認ください。

  • 個人(グループ)応募者の方への報奨金お支払いについて

    本プログラム参加者のうち、ビジネスオーディション通過者の方には1人あたり20万円、ビジネスオーディション非通過者の方には1人あたり5万円の報奨金をお支払いいたします。なお、1応募の個人グループの上限人数は3名までとさせていただきます。

    ※法人にてご参加の場合、ビジネスオーディション通過後に事業化の主体、権利の帰属、対価の支払い等を別途協議いたします。

  • 個人情報のお取り扱いについて

    お預かりした個人情報は、本プログラムに関するご連絡のため、株式会社バンダイナムコエンターテインメントの「プライバシーポリシー」に基づき適切に利用させていただきます。

  • お問い合わせ先

    お問い合わせは info@pacathon.jp まで

    ※お問い合わせの内容によっては回答までにお時間をいただく場合もございます。予めご了承ください。

エントリー

エントリーは締め切りました。
多数のご応募ありがとうございました。

EXHIBITION

2017.9.7-11

Ars Electronica Festival にて、PACATHONプロトタイプ公開『PAC-CONNECT』『PAC IN TOWN』『EduCreation Lab』『Funguage』を展示

2018.1.15-5.6

池袋「ナンジャタウン」にて、『PAC IN TOWN』を公開

2018.3

アメリカのテキサス州で開催されたSouth by Southwest (SXSW) 2018にて、『PAC-CONNECT』『EduCreation Lab』を展示

2018.5.25-27

Future Innovators Summit TOKYO 2018にて、『PAC-CONNECT』『EduCreation Lab』を展示